Parallels Desktop for Mac 4.0 で prl_vm_app のCPU使用率が高くなってWindowsが使い物にならなくなってしまう問題の解決法

今まで使ってた仮想マシンだと何故かWindows Updateが通らなくなってしまったので,仮想マシンにWindows XPの環境を再構築しました.
するとどうでしょう,prl_vm_appとかいうプロセスがCPU使用率180%とかいうとんでもない値を叩き出 して,Parallels Desktop上のWindowsだけでなく,Mac上の作業も快適に出来なく名手しまうではないですか.

Parallels DesktopのForumにスタッフの方が解決法を書いてくれてました.
というわけで,それを適当に翻訳して解決法をメモメモ.

#1
まずParallels Desktopを起動します.この際Windowsを始めとするVMは起動しないこと.

#2
次 にメニューバーの
Parallels Desktop -> Preference(日本語版では多分「環境設定」) -> Memory(日本語版では多分「メモリー」)
の順にクリックします

#3
メモリーメニューの, 総メモリー数の設定を「自動(Automatically)」から「手動(Manually)」に変え(設定メモリーは例えば1000MB),OKを押し ます.

#4
次に,WindowsのVMをクリックし(ここではまだ起動しないこと),
Virtual Machine(日本語では多分「仮想マシン」) -> Configure(日本語版では多分「構成」か「設定」) -> Memory(日本語版では多分「メモリー」)
の順にクリックする

#5
そこでメモリーの総量を#3で設定したものと 同じ量にする.

#6
同様に
Virtual Machine(日本語では多分「仮想マシン」) -> Configure(日本語版では多分「構成」か「設定」) -> SmartMount(日本語版では多分…なんだろ?)
に移動 し,Enabledのチェックを外す.

多分これでパフォーマンスは改善するはず(Parallelsの中の人談)
もし改善しな かった場合は,

#1
Parallels Desktopを起動する.この際Windowsを始めとするVMは起動しないこと.
次 に,WindowsのVMをクリック(ここでもまだ起動しないこと)し,
Virtual Machine(日本語では多分「仮想マシン」) -> Configure(日本語版では多分「構成」か「設定」) -> CPU(日本語版では多分「CPU」)
に 移動し,CPU数を2から1に変更する.
変更が終わったらMacを再起動.

これでパフォーマンスは良くなるだろうとのこと (Parallelsの中の人談)
僕の場合は以前に比べて多少もっさりにはなりましたが,少なくともこの処理のおかげでCPU使用率が180%と かいう値を叩き出すことはなくなりました.

めでたしめでたし