Parallels Desktop for Mac 4.0 で Cmd(Command)+Spaceで日本語入力のON/OFFを実現する方法

Macの2大仮想マシンソフトといえばParallels DesktopかVMWareなわけですが,私はParallels
Desktopのほうを使ってます(というよりも最初に使い始めたのがParallels
Desktopだったので環境移動が面倒くさいだけなんですが…).

で,やはりMacユーザーとしては,仮想マシン環境上でもCmd(Command)+Spaceで日本語入力のON/OFFを実現したいわけです.
というわけでそれを実現する方法をメモメモ

#1 まずParallels Desktop上のMacのショートカットを無効にする
Parallels Desktopを起動した状態で,メニューバーの
Parallels Desktop -> Preferences -> Keyboard & Mousu
にある
Enable Mac OS X system shortcuts
のチェックを外します.
(英語環境で使ってますんで,日本語でどうなってるかは不明…たぶん
Parallels Desktop -> 環境設定 -> キーボードとマウス
の中の
Mac OS Xのシステムショートカットを有効にする
って感じだと思います.)

これでParallels Desktop上でCmd+Spaceをしても,OS XのIMEが切り替わることはありません.

#2 Parallels Desktop上でWindowsキーが割り当てられているCmdキーにCtrlキーを割り当てる
まずKeyCtrlをダウンロードします.
次に,KeyCtrlを起動して,以下のような形でCmdキーにCtrlキーを割り当てます.

これで,再起動をすることによって,Parallels Desktop上でのCmdキーの割り当てをWindowsキーからCtrlキーに変更できます.

#3 IMEの日本語入力ON/OFFの設定を変更する
これはIMEによって変わってくるので,各自変更してください.
たぶんIMEの環境設定とかで出来るかと思います.
ちなみに私が使ってるATOK(といってもATOK 2005とちょっと古い代物ですが)では,
プロパティ(環境設定)-> キー・ローマ字・色 -> キーカスタマイズ
に移動して
機能を選択 -> 機能操作 -> 日本語入力ON/OFF
に移動し,

こんな感じの設定にすることで,Cmd+Spaceで日本語入力ON/OFFが実現できます.
ちなみにコピー&ペーストとかは元々Ctrlキーに割り当てられてるので,Cmd+cとかCmd+vとかで実行できます.

めでたしめでたし


(追記)
Google日本語入力でも同様の方法で行けるみたいです。
キー設定の選択からカスタム設定にし、IMEを有効化・無効化の項目をCtrl+Spaceに切り替えてください

Parallels Desktop for Mac 4.0 でUbuntuをインストールすると解像度の設定がが1024x768以上でない問題の解決策

意外な盲点でした。
前回の記事で、Parallels DesktopにUbuntuを導入したのはいいものの、解像度が1024x768以上にならなくてなんのこっちゃだったんですが、原因が判明しました。
最初は色々xorg.confをいじったりとかしたんですが、結局どうにもならず。
結局、意外なところに原因がありました。
というわけでParallels Desktop for Mac 4.0のUbuntuで解像度を1024x768以上に設定する方法。
やり方はとても簡単。
Parallels Desktop for MacのConfigure画面で、VRAMの量を増やしてあげるだけです。

私は32MBに設定しました。とりあえず解像度の問題は解決。
おしまい(なんのこっちゃ)



Mac OS X 10.6 Snow LeopardでMX Revolutionを使った場合にサムホイールでExposeができない場合の解決法

最新版ドライバが公開されたようです。Exposeが動かない問題も解決してます。

解決法というか対応ドライバが出るまでの応急処置という感じですが…
(SnowLeopard対応でないLogicool Control Centerを無理矢理入れる方法はココとかを参照。)
(というかExposeもしょっちゅう固まるんですが、Appleさんはやくなんとかして…)

とりあえずまず何が問題かというと、上記のドライバを無理矢理インストールしますと、サムホイールに割り当ててあるExposeが使えなくなってしまいます。

←この親指部分にあるホイールがサムホイール

で、この問題を解決する応急処置法なんですが、私は以下の方法をとりました。
まず、環境設定のExposeとSpacesの項目で、Expose関連のキーを全て解除します(デフォルトではF9・F10・F11)


##2

に、Logicool Control
Centerを開いて、サムホイールの割り当てるアクションを「Expose・DashboardおよびSpaces」から「キーストローク」に変更し
て、それぞれに「F9・F10・F11(これはデフォルトのExpose設定場合→必要に応じて変更してください)」キーを割り当てます。


##3
最後に、環境設定のExposeとSpacesの項目に戻って、Expose関連のキーを全て元に戻します。



これで一応は従来通りサムホイールを使ったExposeが出来るはずです。
完全に応急処置的な感じですが…

Logicoolさんに早く対応して欲しいですね。



Mac OS X 10.6 Snow LeopardでTerminalを開くと"dyld: shared cached file was build against a different libSystem.dylib, ignoring cache"というメッセージが出る場合の解決策

Mac OS X 10.6 Snow LeopardでTerminalを開くと

"dyld: shared cached file was build against a different libSystem.dylib, ignoring cache"

と表示される時の解決策
ココによるとTerminalで

sudo update_dyld_shared_cache


と入力し、その後にパスワードを聞かれるので、パスワードを入力すれば解決するらしい。
めでたしめでたし。



Mac OS X 10.6 Snow LeopardでCarbon Copy ClonerでバックアップをとったHDDで起動できない問題の解決方法

職場と自宅の間で複数のMacを運用したりしていると、作業環境の同期なんかが割と気になったりします。
そんな問題に対して僕なんかは外付けのFW800HDDにOSを入れて作業環境を持ち歩くという方法をとっています。
この方法をとれば、持ち歩くのは外付けHDDだけで済みますし、マシンにつなぐたびにバックアップをとっておけば、もし外付けHDDがクラッシュしても大丈夫だからです。
同じようなやり方をしている人にMITの石井裕先生がいらっしゃいますが、何を隠そう私のやり方も先生の方法にならっています。

さて、今まではMac OS X 10.5 Leopardでこの方法をとってきました。
当然Mac OS X 10.6 Snow Leopardでも同じ方法が通用するかと思ったのですが、どうも今まで通りのバックアップでブートディスクにして起動すると、起動途中で止まってしまって上手くいきません。
で、試行錯誤の結果、解決法がわかったのでメモメモ(たぶんCarbon Copy ClonerかOS Xのアップデートでいずれ解決すると思いますが)

++++++++++++++++++++++++
用意するもの
Carbon Copy Cloner
・外付けHDD

1.まず素直にブートディスクのクローンを作る
これはCarbon Copy Clonerを使えば一発です。だいたい1時間ぐらいで終わるかな。
使い方はここら辺を参考

2.Carbon Copy Clonerで差分バックアップを取る
1.の方法だけでは、残念ながらSnowLeopardではブートディスクとして起動できません。
この問題の解決のために、Carbon Copy Clonerで差分バックアップを取ります(理由は不明…なんでだろ?)。

3.2.で作ったディスクを使って外付けブートディスクとして起動する
これはもう書いてあるとおりです。
これで自宅でも研究室でも旅先でもMacと外付けHDDがあれば環境を統一することができます。

めでたしめでたし



Parallels Desktop for Mac 4.0 で prl_vm_app のCPU使用率が高くなってWindowsが使い物にならなくなってしまう問題の解決法

今まで使ってた仮想マシンだと何故かWindows Updateが通らなくなってしまったので,仮想マシンにWindows XPの環境を再構築しました.
するとどうでしょう,prl_vm_appとかいうプロセスがCPU使用率180%とかいうとんでもない値を叩き出 して,Parallels Desktop上のWindowsだけでなく,Mac上の作業も快適に出来なく名手しまうではないですか.

Parallels DesktopのForumにスタッフの方が解決法を書いてくれてました.
というわけで,それを適当に翻訳して解決法をメモメモ.

#1
まずParallels Desktopを起動します.この際Windowsを始めとするVMは起動しないこと.

#2
次 にメニューバーの
Parallels Desktop -> Preference(日本語版では多分「環境設定」) -> Memory(日本語版では多分「メモリー」)
の順にクリックします

#3
メモリーメニューの, 総メモリー数の設定を「自動(Automatically)」から「手動(Manually)」に変え(設定メモリーは例えば1000MB),OKを押し ます.

#4
次に,WindowsのVMをクリックし(ここではまだ起動しないこと),
Virtual Machine(日本語では多分「仮想マシン」) -> Configure(日本語版では多分「構成」か「設定」) -> Memory(日本語版では多分「メモリー」)
の順にクリックする

#5
そこでメモリーの総量を#3で設定したものと 同じ量にする.

#6
同様に
Virtual Machine(日本語では多分「仮想マシン」) -> Configure(日本語版では多分「構成」か「設定」) -> SmartMount(日本語版では多分…なんだろ?)
に移動 し,Enabledのチェックを外す.

多分これでパフォーマンスは改善するはず(Parallelsの中の人談)
もし改善しな かった場合は,

#1
Parallels Desktopを起動する.この際Windowsを始めとするVMは起動しないこと.
次 に,WindowsのVMをクリック(ここでもまだ起動しないこと)し,
Virtual Machine(日本語では多分「仮想マシン」) -> Configure(日本語版では多分「構成」か「設定」) -> CPU(日本語版では多分「CPU」)
に 移動し,CPU数を2から1に変更する.
変更が終わったらMacを再起動.

これでパフォーマンスは良くなるだろうとのこと (Parallelsの中の人談)
僕の場合は以前に比べて多少もっさりにはなりましたが,少なくともこの処理のおかげでCPU使用率が180%と かいう値を叩き出すことはなくなりました.

めでたしめでたし