J言語でCやFortranのプログラムを読み込む



JでCやFortranのプログラムを呼び込む方法のメモ
基本的なやり方は両方とも同じ.でもFortranで呼び込んで計算する時に少し工夫が必要.
まだ幾つか謎な部分があるけど,とりあえずこの方法で殆ど動く.

とりあえず和差積商を求めるプログラムで呼び込んでみる

calc.c
calc.f

###用意するもの
FortranやCのソースファイル
RのR CMD SHLIBコマンドが実行できる環境

Jでドメインエラーが起きてもめげない根性

###実行方法
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
###Cの場合

##Cのソースファイルから共有ライブラリ.soを作る

cd /hogehoge/calc.c   
#ターミナルを起動して対象のフォルダへ移動

R CMD SHLIB calc.c    #共有ライブラリ.soの作成

これでcalc.soというファイルが作成される.

##Jで呼び込んで計算する
#スクリプトのロード

load 'dll'

#.soファイルの場所(フルパス)と関数名,変数を指定する.

u1 =: '/hogehoge/calc.so calc n *d *d *d *d *d *d'   
今回の場合は

.soファイルの名前 calc.so

関数名 void calc{}

変数 double *m, double *n, double *a, double *b, double *c, double *d

なので,*d *d *d *d *d *dのような状態になる.
変数はint型ならiなどに変わる.
nは何を意味しているんだろう.

#値の入力

u2=:(<,1.0),(<,2.0),(<,0.0),(<,0.0),(<,0.0),(<,0.0)
とりあえず1と2の和差積商を求める.
答えになるところの変数の値は0.0を入れておく.
いまいち分からないけど,「,」がネックになっているみたい.

#出力
u1 cd u2
と入力すると
+-+-+-+-+--+-+---+
|0|1|2|3|_1|2|0.5|
+-+-+-+-+--+-+---+
となり答えが出る.


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

###Fortranの場合
##Fortranのソースファイルから共有ライブラリ.soを作る

cd /hogehoge/calc.f   
#ターミナルを起動して対象のフォルダへ移動

R CMD SHLIB calc.f    #共有ライブラリ.soの作成

これでcalc.soというファイルが作成される.

##Jで呼び込んで計算する
#スクリプトのロード

load 'dll'

#.soファイルの場所(フルパス)と関数名,変数を指定する.

u1 =: '/hogehoge/calc.so calc_ n *d *d *d *d *d *d'   
今回の場合は

.soファイルの名前 calc.so

関数名 subroutine calc

変数 real*8 a,b,c,d,e,f
Fortranの場合は.soファイルの場所(フルパス)と関数名,変数を指定する時に,プログラムで設定した関数名の後に_をつけないと読み込んでくれない.

たとえばcalc.fでは関数名にcalcという名前をつけているけど,Jで呼び出すときはcalc_にしないと読み込んでくれないみたい.

#値の入力

u2=:(<,1.0),(<,2.0),(<,0.0),(<,0.0),(<,0.0),(<,0.0)
これに関してはCの場合と同様

#出力
u1 cd u2
と入力すると
+-+-+-+-+--+-+---+
|0|1|2|3|_1|2|0.5|
+-+-+-+-+--+-+---+
となり答えが出る.