J言語のAddon

J言語のaddonであるimage3というのをインストール(といっても解凍したのを移動させるだけだけど)してみたけど,なぜかfile name error: scriptと出て利用できない.
J Wikiのimage3の項を読んでみると,"The code will likely fail in J6."と最新版のJには対応していない旨のメッセージが.
でも先生のIntelMacでは普通に使えてるので,なんのこっちゃと思って聞いてみると,ココで最新版に対応したものをダウンロードできるらしい.
確かにここからダウンロードしたimage3を入れてみたら問題なく動作しました.

で,実際にimage使ってみた感想としては,Rに比べてグラフィックの処理が無茶苦茶早い.
一瞬で画像が表示されました.
というかRが遅すぎるってのもあるんですけどね.
これは使えそうです.

やっぱり一番の難関はあの難解な演算子か…



J言語

つーてもJavaではなくてAPL系の言語なわけですが,さっぱり訳が分からない.

APL以上に難解になっている気がする.

とりあえずIntelMac版が出たみたいなのでインストール方法をメモメモ

##インストール方法

#1

JsoftwareのページのStableの所からIntelMac版のJをダウンロードする.

安定版の最新バージョンはj601c

#2

ダウンロードしたtar.gz形式のファイルを

tar -xzf hogehoge/j601c_darwin_intel.tar.gz

として解凍する.

#3

解凍したフォルダをHomeディレクトリに移して

cd ~/j601

#4

sudo mv ./libj601.dylib /usr/lib/.

(.がなくても大丈夫な模様)

としてdylibファイルを移動する

これでインストールは完了

あとはJのアイコンをクリックすれば起動するはず.